ダイヤモンドの品質も

ピアス屋さんが使うダイヤモンド

ピアス屋さんが使うダイヤモンド

ピアス屋では、ダイヤモンドをメインにピアスを製作しお客様にお届けしています。

そこで、些細な疑問として、

ダイヤモンドの品質はどうなの?

と思うと思います。当然です。ボクでも思います(笑)これ、お問い合わせで良く聞かれるんですよね。

実はダイヤモンドは宝石の中では比較的分かりやすい宝石だと思うんですが、それでもとても奥が深くて難しいのです。
ダイヤモンドで語られる用語として「グレード」という言葉があります。婚約指輪に使うダイヤモンドの品質などがそうですね。

「4C」と呼ばれる品質のグレードです。ここでは難しい事を考えずに当店ピアス屋が使うダイヤモンドは、

「カラーがGHカラー、クラリティがSIクラス、そして一番重要なカットは輝きが綺麗なGoodカットを基本に選んでいます。」

ダイヤモンドってグレードを重視しながら選ぶのです。しかし、グレードが付けられるダイヤモンドはどうやって選ぶのでしょう?
それは人間の目なのです。機械ではないんですよね。ダイヤモンド屋の人は何百何千というダイヤモンドから自分の目で見て良さそうなダイヤモンドを瞬時に選んである程度のグレードを判断します。

ボクも卸業をしていた頃は、ダイヤモンドに限らず色んな宝石を数ある中からルーペで見て判断し買っていました。お陰で初めは目のピントが合わずに左右の視力差が酷かったものです。

そうやって見ていくと宝石の本当の品質が分かり、本当の見た目だけで宝石の良し悪しを判断できるようになりました。
ボクは婚約指輪の販売しているネットショップも営んでいるので、この宝石を選ぶ経験がとても役に立っています。

そうやって当店で製作するピアスに使うダイヤモンドを選んでいます(^^)