セカンドピアスの選び方

ピアス孔が落ち着いたら一安心。いよいよセカンドピアス。

どれにしようかと楽しい悩みですが、まだまだ落ち着いただけで完璧とまではいえません。

スタッドからセカンドピアスになった途端にトラブルを起こす人も少なくありません。慣れないうちはいきなり大きいものや軸の太いもの、重いものなどは避け、安心・安全でシンプルなピアスを選んでください。

幸い10年前に比べ最近ではピアス(ピアスドイヤリング)は実にたくさん扱われるようになりましたからお好みのものがかならず見つかるはずです。

其の一:ピアスを正しく選び、装着する

ピアス孔が完成したらいよいよ好みのピアスを選ぶことが出来ます。

ファーストピアスの選び方を参考にして自分にふさわしいピアスを見つけて、正しい付け方も覚えてください。ピアスは軸のある本体をピアス穴に通し、耳の後ろからキャッチと言われるばね式の留め具で留めます。

ばねの力で留めているのです。決して、キャッチで押さえつけるわけではありません。軸の長さは耳の厚みより余裕(約2ミリ)を持って装着します。また、スキー場など寒冷地やサウナなど高温の場所、過酷な条件での装着は凍傷ややけどなどけがのもとです。ジュエリーを損なう場合もあります。

また、小さいお子さんに引っ張られたり、介護の際に引っかかってピアスが取れた、壊れた、耳が切れたなどと言うこともまれにあります。

使用に当たっては充分に気をつけてください。最近はキャッチを使わないタイプのピアスも増えてきました。状況に応じて使い分けるとピアスライフの幅が広がります。

其の二:ピアスの点検・整備

どんなに高価なジュエリーでも使っているうちにゆるんだり、曲がったり、傷ついたりすることがあります。それがピアス孔に思わぬ刺激を与えた結果、落ち着いたはずのピアス孔が炎症を起こすことがあります。

キャッチのばねは強すぎても使いづらいですが、ゆるんでいてもなくしやすく、困ります。留めていた爪がゆるんで石が取れる事もあります。本来の美しさを保つためにも、使うときは石が動いていないか、取れていないか、曲がっていないか、とがったところはないか、折れていないかなど点検しましょう。

使った後はやわらかい布などで汚れをふき取るなどお手入れの後、正しく保管することで長いあいだ清潔で気持ちよく使用できます。

其の三:気になるときは受診する

ピアス孔が完成したと思っていても、夏場や体力が落ちたときなどは、注意して使用するに越したことはありません。

忘れて海に入ったり、強い日差しを浴びてしまったり、健康なときは何ともなかったのに病気や疲れがたまったときにピアス孔が不安定になることがあります。

そういう時は症状が重くなる前に初心に戻って、刺激の少ない、小さくて軽いピアスに変えるか、ピアスをはずしてピアス孔を休ませましょう。それだけでずいぶん落ち着きます。それでも具合の悪いときは、出来るだけ早いうちに受診しましょう。

成功へのコツ

ファーストピアスから長々と書いてきましたが、難しくはありません。無理しない程度に始め、トラブルの時は早いうちに適切な処理です。この基本が全てだと思います。

最後まで読んでくださった方は快適にピアスライフを楽しんでいただけることでしょう(^^)

ピアス屋さんにお問い合わせ