金属アレルギーについて

金属アレルギーについて

一度かかると治らない金属アレルギー。特によく汗をかく夏は危険です。

アクセサリー好きな女性には大敵の「金属アレルギー」。夏は特に要注意って知っていましたか?

重いアレルギーになると ・・・「好きなデザインのアクセサリーを選べなくなったり」する可能性も。アクセサリーが直接肌に触れることが多い季節になってしまってからでは遅いのです。

まずは予防を徹底しましょう

金属アレルギーとは?

金属アレルギーとは、アクセサリーや日用品に使われている金属が、汗や体液などでわずかながらに溶け出し、イオン化した金属が身体に入り込み、次に同じ金属が触れると拒絶反応を起こしてかぶれる現象です。

一番起こりやすいのは、ピアスを初めてつけるときです。指輪は、指の厚い表皮にはばまれて金属が体内に入りにくいのですが、ピアスは皮膚を貫いて、皮下組織に直接金属が接触するために、拒絶反応を起こしやすいのです。

金属アレルギーは治療できない!?

身体に異物が認識され、次回の侵入を防ぐために記憶されることを感作といいますが、一度感作されると金属アレルギーは一生と言っていいくらい長い間持続します。

身体には本来あってはならない物質に侵入を拒否し免疫反応をおこさせる働きがあります。そこで感作されるときわめて少量の原因物質(アレルギーを起こす金属)と接触するたびに炎症を起こします。

金属アレルギーを引き起こす原因

金属アレルギーは、誰にでもかかるというわけでもないのです。金属の種類や着けている人の条件で変わってきます。ニッケルやコバルトなどの低品度とされる金属ほど、起こしやすいとされています。

着けている人のその金属に触れる頻度と条件によって変わってきます。最初の接触によって感作が起こる場合もありますが、何回も接触を繰り返しているうちに例えば数十年にわたって感作されることも有ります。

また、汗をかくことが多い夏に身に着ければ汗によってわずかに金属が溶け出し発症しやすくなります。その他着ける人の体質、例えば汗をかきやすい人かきにくい人、皮膚の厚い人や薄い人と、さまざまな要因が組み合わされて、アレルギーが引き起こされるのです。

アレルギーの原因となる金属

家庭用品に使われる、金属製品の多くは、色合いを良くし、耐腐食性を持たせるために、メッキという形で、多種金属の表面加工がされています。

アクセサリーに使われている金属の多くは、合金を用い、あるいはその上にメッキを行っています。

どんな金属でもアレルギーを起こす可能性をもっていると言えるのです。

アレルギー性接触皮膚炎の原因の第1位は、ニッケルです。汗の中の塩素イオンはニッケルを溶かす作用が強く、過去にニッケル・アレルギーにかかった人は、少量の汗でも、ニッケル製品を身につけただけで、皮膚炎を起こしてしまいます。

もし、気になるのであれば、皮膚科などで、アレルギー検査をしてみると良いでしょう。金属アレルギーなどの接触性アレルギーは、パッチテストで検査します。

検査は、検査薬を付けたシールを背中や、腕に貼って反応をみます。検査薬は、金、銀、ニッケル、クロム、コバルトなどです。

そして、費用は、保険適用が可能なため、3割負担の人は700円程度で調べられますので、一度テストを受けてみるのもいいでしょう。

金属アレルギーにならないために

1.アレルギーの人は金属を身につけない

医者でどの金属が自分にとってかぶれるかパッチテスト(金、銀、プラチナなどの金属溶液をつけた絆創膏を皮膚にはって状態をみる)を行えば、そのかぶれる金属を、使わないことで防ぐことができます。

2.ピアスは清潔に!

最初のピアスは生傷の状態なので清潔さを保つことが重要です。しかし清潔を消毒と間違えて、消毒し過ぎ(特にアルコールなどの強い消毒液)でかぶれてしまい、さらに悪化させてしまうケースも多いようです。

3.素材の選択に気をつける

金、銀、プラチナは金属アレルギーになりにくい金属です。合金を使わない高品質な製品を使用することで、アレルギーを起こしにくくなります。また、ピアス・ポストの長さが短いものをつけていると、耳たぶを圧迫し、アレルギーを引き起こしやすくなります。

4.特にピアスは注意!

皮膚というバリアを内側に金属が接触するピアス。トラブル相談が多いアイテムです。

正しい知識を身に付けて金属アレルギーを予防しましょう

お肌のトラブルは自分で回避できることが多いのです。ジュエリーはデリケートなお肌につけるもの。当然正しい使い方をしないと、アレルギーではない方も ”かぶれ”や”炎症”を引き起こすことがありますので、こまめなケアをしてくださいね(^^)

ピアス屋さんにお問い合わせ